トップページ > ローズオイル以外の美容成分で比較 > ローズサプリに含まれている美容成分の詳しい解説

ローズサプリに含まれている美容成分の詳しい解説

<グレープシードオイル>

ブドウ種子に含まれているオイルのことで、ビタミンEや抗酸化物質のポリフェノール類を多く含むため、身体の酸化を防ぎ、老化を遅らせる効果が期待できます。生活習慣病予防にもいいとされるオイルです。

<ビタミンE>

血行を良くし、若さを保つアンチエイジングビタミンといわれます。抗酸化作用があり、細胞の老化と劣化を促進する活性酸素を抑制したり、体内で発ガンの元となる過酸化脂質が作られにくくなります。

<シャンピニオンエキス末>

腸内環境が口臭や体臭の原因になっていることも多く、悪臭の元であるアンモニア、アミン、インドール、硫化水素などの有害物質を元から絶つことができるといいます。

<トコトリエノール>

通常のビタミンEの約50倍という高い抗酸化力があり、活性酸素によるからだの錆付きを予防する効果が期待されています。他にもシミやソバカスの予防、抗炎症効果、美白効果もあるといわれています。

<フラックスシードオイル>

亜麻仁油という呼び名もあり、体の不調の原因とされる必須脂肪酸αリノレン酸不足を補ってくれます。細胞膜を健康に保ち、皮膚のハリ・ツヤの維持、血液サラサラ効果で血栓を予防する効果が期待されています。

<月見草オイル>

γ-リノレン酸という不飽和脂肪酸を含み、乾癬やアトピー性皮膚炎、傷などを改善し、老化肌やひび割れのある肌の保湿と免疫力アップの働きがあります。また、女性ホルモンの分泌を調整する働きもあり、PMSなど女性特有の悩みにも効果的です。

<スクワレン>

深海鮫の肝油です。内臓の機能を高め、なかでも特に、肝臓への効果が高いことは有名です。また、肌にもともと含まれている成分で、細胞に酸素を供給して新陳代謝を活発にする作用があるので、老化の進行を遅らせ、肌の健康を保つ美容効果もあります。

<ローズヒップオイル>

レモンの約20倍というビタミンCに加え、リノール酸とα-リノレン酸を豊富に含み、肌のきめを整えて潤いとハリを与え、シワの防止、シミの改善、美白など美肌効果とアンチエイジングが期待できるオイルとして人気があります。

月人気ランキング

ブルガリアンローズオイルに3つの美容成分を配合して女性らしさをさらにサポート。

雑誌・TVで話題になった元祖“飲む香水”がパワーアップ!モテ媚薬にどうぞ。

ローズオイルに加えて美容サポート成分であるビタミンEを1粒にぎゅっと凝縮!

バラの花びら150枚分のローズオイルを凝縮した新感覚テイストサプリメント。

最高品質のダマスクローズ100%使用。完全純粋の本物のバラの香りが漂います。