トップページ >  > 女性ホルモンが原因の女性特有の口臭と予防策

女性ホルモンが原因の女性特有の口臭と予防策

女性特有の口臭があるということをご存知ですか?

女性ホルモンに起因するもので、一時的に口臭がきつくなるケースがそれにあたります。思い当たる人もいるかもしれません。このことを知っているかどうかで、だいぶ口臭についての悩みが軽減されるん人もいるのではないかと思います。

女性ホルモンに大きな変化が起こるときというのは

要チェック 月経時
要チェック 妊娠中
要チェック 閉経後

この3つが思い当たると思いますが、もうひとつ忘れてはいけないのはストレスです。ストレスを受けても女性ホルモンの分泌はかなり影響を受けるため、口臭が強くなります。

女性ホルモンの影響を受けるとなぜ、口臭がきつくなるのか?ということですが、

◎ 月経時
月経時はホルモンの変動が大きく、免疫力が低下し、口内環境も低下しやすくなります。唾液の分泌量が減ってしまうほかに、口内炎や歯肉炎からの出血もあり、口臭が発生する場合があります。

◎ 妊娠中
妊娠時特有の「妊娠性歯肉炎」になることもあるように、ホルモンの影響をうけて、免疫力が低下し、唾液の分泌量も減るため、ドライマウスや口腔内で細菌が繁殖して口臭がでる場合が多いです。

◎ 閉経後
女性ホルモンの減少にともない、唾液の分泌量が恒常的に減少するようになります。そのため閉経後はドライマウスに悩む人が増えます。唾液の減少は口腔内の免疫力の低下に繋がり、歯肉炎、歯周病を発症しやすくなるので注意です。

ようするに、女性ホルモンの影響で「唾液の分泌量が減ること」が女性特有の口臭の最大の原因だということです。口の中が乾いていると、口臭の元である細菌が繁殖しやすくなりますし、免疫力も落ちてしまうので歯肉炎や歯周病も促進してしまって、それが原因の口臭も発生させてしまうということです。

生理中や妊娠中は、口腔内が乾きやすく、細菌が増えやすい状況が整っているので水分を補給して口を乾かさないようにしたり、ガムをかんで、唾液の分泌を促すようにしてください。また、口内の清潔はもちろん意識してくださいね。

生理中や妊娠中の女性特有の口臭は一時的なものですし、知識としてこの時期は臭いやすくなるということを知っていれば必要以上に深刻に悩むこともなくなると思います。

口臭があることに強いストレスを感じてしまうと、そのストレスがまた女性ホルモンに影響して口臭を強くしてしまうこともあるので、要注意です。

口臭に悩んでいる女性が身近にいたら是非、そのことを教えてあげてくださいね。

月人気ランキング

ブルガリアンローズオイルに3つの美容成分を配合して女性らしさをさらにサポート。

雑誌・TVで話題になった元祖“飲む香水”がパワーアップ!モテ媚薬にどうぞ。

ローズオイルに加えて美容サポート成分であるビタミンEを1粒にぎゅっと凝縮!

バラの花びら150枚分のローズオイルを凝縮した新感覚テイストサプリメント。

最高品質のダマスクローズ100%使用。完全純粋の本物のバラの香りが漂います。