トップページ >  > 朝と寝起きの口臭はどうにかならないの?

朝と寝起きの口臭はどうにかならないの?

「夜、寝る前にしっかり歯を磨いたのに朝起きると口臭が気になる!」

と悩んでいる人いませんか?でもそれって残念ながら完全に悩み損です。というのも寝起きに口臭がするのは生理的なもので、至極当然、誰でも例外なくそうなるもので、仕方ないことだからです。

口臭はその原因の多くが口腔内の雑菌が活動する際に出すガスなんですが、睡眠中は雑菌を絶えず殺菌してくれる唾液の分泌が減ってしまうので、朝起きたときというのは口の中は雑菌が大繁殖している状態になっているんです。

だから臭って当たり前なんです。

他にも寝起きは、前日の夜に食べたものの影響だったり、空腹からくる口臭も重なったりするからで、1日の中でも最も口臭がきつくなってしまうんです。前日の夜は歯を磨かずに寝てしまったということも重なるともうひどいなんてもんじゃありません。

その意味で朝のブラッシングは口臭防止に非常に有効です。

寝起きの口臭を防ぐために、夜の歯磨きはデンタルフロスや洗口液も使って丁寧に行なうというのもそれはそれで朝の口臭を多少なりとも軽減させる効果はあると思いますが、それでも睡眠中はどうしても口の中で細菌が増殖してしまうので臭うはずです。

そのため朝一番、起きたらまず歯磨きをして、寝ている間に大量に増殖した細菌を洗い流したほうが口臭を防ぐことにかんしては効果があります。歯磨きは食後という習慣の人は多いと思いますが、口臭防止という点から考えると順番は逆にしたほうがいいです。

それからもうひとつ重要なのが水分補給。

特に寝ているときに鼻ではあんく口呼吸をしている方は口のなかがカラカラに乾いているはず。乾燥もまた雑菌を増殖させてガスを発生させる原因になりますから、コップ1~2杯の水を飲むことで口の乾燥を解消することも並行して行ないましょう。

朝食はよく噛んで唾液の分泌を促すこと。食後はすでに一回歯を磨いているので軽くうがいをして食べカスを取り除く程度でOKです。歯磨きはお昼・または夜にしっかりすれば十分です。

朝一番の歯磨きと、水分補給、そして朝食や通勤通学中のガムなどで唾液の分泌を促すこと。この3つを意識して実行できれば寝起きの口臭はスッキリ解消できるはずです。

月人気ランキング

ブルガリアンローズオイルに3つの美容成分を配合して女性らしさをさらにサポート。

雑誌・TVで話題になった元祖“飲む香水”がパワーアップ!モテ媚薬にどうぞ。

ローズオイルに加えて美容サポート成分であるビタミンEを1粒にぎゅっと凝縮!

バラの花びら150枚分のローズオイルを凝縮した新感覚テイストサプリメント。

最高品質のダマスクローズ100%使用。完全純粋の本物のバラの香りが漂います。