トップページ >  > 口臭の原因物質が発生する原因と対策~セルフチェック付き

口臭の原因物質が発生する原因と対策~セルフチェック付き

口臭には誰にでもある「生理的口臭」と、さまざまな要因で口臭が常態化した「病的口臭」、それから「飲食物・嗜好品による口臭」<という3つの種類があります。

このうちにんにくやアルコール、たばこといったものが原因の「飲食物・嗜好品による口臭」は時間の経過とともに弱まる一時的な口臭なものなのでそれほど深刻に考える必要はないと思います。

普段の生活のなかで、エチケットとして気をつけたいのは「生理的口臭」です。

そもそもなぜ、口臭が発生するかということですが、新陳代謝ではがれた粘膜上皮や死んだ細菌などのタンパク質成分を口の中の細菌が分解することで口臭の原因物質が作り出されるからです。

口臭の原因物質とはどんなものか具体的に紹介すると、

・硫化水素・・・卵の腐ったようなニオイがします。
・メチルメルカプタン・・・魚や野菜が腐ったようなニオイがします。
・ジメチルサルファイド・・・生ゴミのようなニオイがします。


口のなかでこんなニオイ物質が作り出されてしまうわけですから、そりゃー臭いはずです。(笑)

多くの人が経験していると思いますが、口臭は朝起きた時が一番臭いです。理由は寝ている間は唾液の分泌が減少するため口内に細菌が増殖し、口臭の原因物質が多く発生するからです。寝起きの状態以外にも空腹時や緊張しているとき、ストレスが多いというときも唾液が少なくなるため口臭はきつくなります。

中高年世代の方にたまにものすごい口臭の方がいますが、それは唾液の分泌量が年齢とともに減ってしまうことが影響しています。そしてさらに、中高年世代の場合、病的口臭の原因となると歯周病が大きく影響している点も無視できません。

病的口臭は主に「歯周病」と「舌苔(ぜったい)」の2つがあります。

歯周病になると口臭がきつくなるのは、歯周病を引き起こす歯周病菌にもタンパク質を分解して口臭の原因物質を発生させる酵素が含まれているからです。歯周病はならないのが一番で、そのためには普段から口内を清潔に保ち、定期的に歯医者にいって歯石をとってもらうのが理想ですが、日本ではまだまだ予防のために歯医者に通っている人は少数派だと思います。

特に男性はそうでしょうね。

歯周病が相当悪化して、歯茎から血や膿がでるとか、歯茎が落ちて歯がグラグラしてきたという常態にならないかぎりは歯周病に気づかず、歯医者にもいかないので、その間ずっと強烈な口臭を周囲にまき散らしかねないということです。

もうひとつの病的口臭の原因である舌苔(ぜったい)についてですが、これは舌の表面についている白や黄色みがかった苔状のものです。

この舌苔も細菌によって分解されることで口臭のニオイ物質になってしまうものなので、柔らかい歯ブラシや舌苔を落とす専用の舌ブラシなどを使って、1日1回、舌のそうじをしましょう。

その際、舌表面にある味覚を感じる味蕾を傷つけないように気をつけてくださいね。

≪以下に該当する項目が多い人は口臭に要注意≫

要チェック 歯の特定の場所に食べ物がはさまりやすい
要チェック 歯は1日1回しか磨いていない
要チェック 歯茎から血や膿がよく出る
要チェック タバコを吸っている
要チェック 歯石を1年以上取っていない
要チェック 口の中がよく乾く
要チェック 舌に苔のようなものがつき、白っぽい
要チェック ストレスが多い
要チェック 口の中がねばつく


唾液が減少すると口臭が強くなること、歯周病や舌苔があると口臭が常態化してしまうこと。大抵の場合、口臭の悩みというのはこの2つに集約されます。

いずれの場合も細菌が増殖しやすい口内環境になっていることが原因なので、歯茎や舌のケアで口内を清潔に保つこと、ガムを食べて唾液の分泌を促すいうのも有効な口臭対策になるはずです。

月人気ランキング

ブルガリアンローズオイルに3つの美容成分を配合して女性らしさをさらにサポート。

雑誌・TVで話題になった元祖“飲む香水”がパワーアップ!モテ媚薬にどうぞ。

ローズオイルに加えて美容サポート成分であるビタミンEを1粒にぎゅっと凝縮!

バラの花びら150枚分のローズオイルを凝縮した新感覚テイストサプリメント。

最高品質のダマスクローズ100%使用。完全純粋の本物のバラの香りが漂います。